Archメモ

もうwikiなしでもインストールできるなーと思って試したら見事に失敗したので流れをば
UEFI環境でインストールする

バイスの確認
# fdisk -l
パーティショニング(インストール先のデバイスをsdaとする)
# gdisk /dev/sda
Command: o  !!新規パーティションテーブルを作成(初期化)
Command: n  !!ESP作成
Partition number: 1
First sector: default
Last sector: +512M
Hex code: EF00

Command: n  !!root作成
Partition number: 2
First sector: default
Last sector: default
Hex code: default

Command: w  !!実行
フォーマット
# mkfs.vfat -v -c -F 32 /dev/sda1
# mkfs.ext4 -v -c /dev/sda2
マウント
# mount /dev/sda2 /mnt
# mkdir /mnt/boot
# mount /dev/sda1 /mnt/boot
システムクロックの同期
# timedatectl set-ntp true
ミラーリスト編集(日本とかをアンコメント)
# curl -o /etc/pacman.d/mirrorlist https://www.archlinux.org/mirrorlist/all/
# vi /etc/pacman.d/mirrorlist
ベースシステムをインストール
# pacstrap /mnt base base-devel
fstabを生成
# genfstab -U /mnt >> /mnt/etc/fstab
chrootしてシステム設定
# arch-chroot /mnt /bin/bash

# ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
# hwclock --systohc --utc

# vi /etc/locale.gen  !!(en_US|ja_JP).UTF-8をアンコメント
# locale-gen
# echo 'LANG=en_US.UTF-8' > /etc/locale.conf

# echo "$myhostname" > /etc/hostname
# echo "127.0.0.1 localhost.localdomain localhost
> ::1 localhost.localdomain localhost
> 127.0.0.1 $myhostname.localdomain $myhostname" >> /etc/hosts

# passwd

ブートローダーとネットワーク設定は気分で変えているため省略

できる限りミニマルを目指す為インストール後bloatedは排除したいところ
まあsystemdは便利すぎるので仕方ない